やすらぎの森コルザについて

北海道滝川市は、北海道の主要都市「札幌市」と「旭川市」を結ぶ国道12号線のちょうど中間あたりにある自然豊かな所です。そんな場所にあるのが『やすらぎの森コルザ」です。元々近隣の会社の社員寮だった建物を改装し、格安宿泊施設として2017年5月に誕生しました。

 

コルザ(colza)とは英語・フランス語で「菜の花」の意味の言葉です。

滝川市の菜の花畑は日本有数の作付面積を誇ることで知られています。5月中旬から下旬にかけては広大な敷地一面に咲く菜の花を見に、国内外から多くの観光客が訪れます。

 

滝川は観光地の側面以外にも、北海道各所への交通の便がいい側面もあります。道内の観光名所、富良野、美瑛、旭川、札幌などへは30分~1,2時間で訪れることができます。

 

観光シーズンに数多くのお客様にご利用いただいておりますが、滝川市内での飲み会後の宿泊、滝川市近郊への出張時の利用や、自転車旅行でのご利用、市内の大学への受験時利用や、工事作業での長期滞在など、様々な用途でご利用いただける施設となっております。

 

開業してから1年を迎え、ありがたいことに数多くのお客様にご利用いただいています。北海道内のお客様をはじめ、日本全国、さらには海外のお客様も多数ご利用いただいています。日によっては北海道以外のお客様で埋まる日も出るようになってきました。

 

このやすらぎの森コルザは、3名のスタッフで運営しています。アットホームな雰囲気でお客様をおもてなしさせて頂きます。施設の規模が小さい分、お客様にあわせたサービスをご提供できるようになっていますので、なにかあればお気軽にお申し付けください!

 

スタッフ一同、お客様のお越しを心よりお待ちしております!

滝川市江部乙町の菜の花畑